マレットフィンガー[突き指 手指の骨折 脱臼]

キーワード:指先が伸びない、突き指をした、指の変形

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

概要 

 

マレットフィンガーとは、いわゆる突き指の一種で、

 

指のDIP関節(第1関節)が曲がったまま伸びなくなります。

 

 

ボールなどが指先に当たった時などに起こり、骨に付着している腱のみが断裂したり、

 

或いは剥離骨折骨を伴ったり、マレット変形と言われる指の変形をきたしたりします。

 

 

 

 

原因

 

原因としては、バスケットボール、野球、バレーボールなどの球技中、

 

突き指という形で発生するものが多く、指のDIP関節(第1関節)に屈曲ストレスが加わりおこります。

 

 

 

 

症状

 

症状としては、指のDIP関節(第1関節)が曲がったままで、自分で伸ばそうと思ってものびず、

 

痛みや腫れや熱感を伴います。

 

 

マレットフィンガーの病態は次の3つに分類されます。

 

 

Ⅰ型 伸筋腱の断裂(指先の関節を伸ばす腱が切れた状態)

 

Ⅱ型 伸筋腱付着部の骨折(指先の関節を伸ばす腱が付いている所の剥離骨折で、骨片は小さい)

 

Ⅲ型 伸筋腱の付着部の骨折と関節の脱臼(剥離した骨片が大きく、関節が脱臼してしまうもの)

 

 

Ⅱ型とⅢ型は伸筋腱の断裂はなく、骨折がおきている状態です。

 

 

 

治療法

 

Ⅰ型とⅡ型に関しては、保存療法 (装具固定)で回復します。

 

Ⅲ型に関しては、徒手整復を行ったうえで保存療法 (装具固定)にて回復は可能ですが、

 

再脱臼の可能性があるため、固定期間中は注意が必要です。

 

 

 

おわりに

 

受傷後、早期に適切な処置を施せば多くは回復しますが、

 

放置すると永続的な機能障害(第1関節が伸びない)を残すため、注意が必要です。

 

 

突き指をした際、単なる捻挫と判断せずに、信頼できる専門家に見てもらうことが重要です。

 

 

 

『指先が伸びない、突き指をした』という症状でお困りであれば

 

 

小川 鍼灸 整骨院 へご相談ください。

 

しっかりと診させていただきます。

 

 06-6755-6751

 

 

-未分類

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.