エコー(超音波画像診断装置)検査でわかること【小川鍼灸整骨院 平野区 生野区 南巽 整骨院】

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

 

 

超音波、画像診断

 

エコーって何?

 

エコー(超音波画像診断装置)を見たり聞いたり、或いは使われたことはあるでしょうか?

 

その名のごとく、超音波(人に聞こえない高周波数の音波)を用いて身体の中を見る装置です。

 

エコー検査では、生体内に超音波を照射し、反射した超音波を測定して断層像を得ます。

 

良く知られたところでは産婦人科での胎児の観察があります。

 

 

 

エコーで何が見える?

 

エコー検査では、骨・筋肉・腱・靱帯などの身体の内部を見ることができる為、

 

骨折はもちろん、捻挫や打撲などの軟部組織の状態を把握できます。

 

触診のみの判断よりも、より精確に障害部位の把握ができる為、

 

より適した治療を行うことが出来ます。

 

 

 

 

エコーの優れた特徴

 

1. 被爆せず人体に無害であるため、繰り返し観察できる。

 

2. 静止状態だけでなく動画で確認できるため、リアルタイムで状態把握が出来ること。

 

3. 骨、筋肉、腱、靭帯などの軟部組織の観察が出来ること。

 

 

問診・検査で想定した疾患と、エコー検査から得られた内部状態を照らし合わせることで、

 

より適切な治療を行うことが出来ます。

 

 

 

 

おわりに

エコー検査はとても優れた検査ですが、うまく活用するには解剖学・生理学・画像診断力・経験などが必要になります。

 

そのため、信頼できる先生の下で検査されることをおススメします。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目、千日前線地下鉄南巽駅1番出口から徒歩1分の駅近です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-その他

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.