ロコモ・フレイルについて【平野区 生野区 南巽 整骨院 体操】

 

このブログは工事中です。

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

みなさんはメタボという言葉をご存じでしょうか?そうです、いわゆる生活習慣病のことです。

 

ではロコモという言葉はご存じでしょうか?

 

また、フレイルという言葉はどうでしょうか?

 

超高齢化社会、少子高齢化社会、そして経済の低調やストレス社会において、ロコモ・フレイルは非常に大切な言葉です。

 

あなたやあなたの周囲にも該当する方々がたくさんいらっしゃると思います。今回はロコモ・フレイルについて解説します。

 

内容は以下の通りです。

 

・ロコモについて

・フレイルについて

・なぜロコモ・フレイルが問題なのか?

・平野区の状況

・対策としての体操教室

・ロコモフレイル予防の重要性

・おわりに

・参考文献

 

です。

 

また当院では、

メール

無料相談を受け付けています。

 

でお困りの方は気軽にご相談ください。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南東、平野区生野区の境目、南巽・加美北地区、南巽駅近くにある鍼灸整骨院です。地域で一番おすすめの整骨院、日本で一番身近な整骨院を目指しています。

 

ロコモ・について

 

私たちは歳を重ねると誰でも、関節や筋肉の働きが衰えてきます。そして若いときのように機敏に動けなくなります。

 

そしてそのような状態が進行して、日常生活に支障を来すようになれば、自分の関節や筋肉で満足に生活できなくなってしまいます。

 

この状態を「ロコモ」と呼びます。ロコモとは、ロコモティブシンドロームの略語です。日本では運動器症候群と表現されています。骨粗鬆症・変形性膝関節症 変形性腰椎症の方々が特にロコモに陥りやすいとされてます。

 

いわゆる老化現象ですが、今、それが比較的早い年齢からあらわれてきています。最近の研究では40歳を超えた時点から筋肉や関節の働きが衰えてくるそうです。そして75歳以上の人では3人にひとりはそのような状態に陥るとされています。

 

フレイルについて

 

なぜロコモ・フレイルが問題なのか?

 

少子高齢化・超高齢化社会では税金を支払う若者は少なく、医療費や介護医療費、年金などの社会保障費用をたくさん消費する高齢者の人口が増えていきます。

 

つまり

 

平野区の状況

 

 

対策としてするべきこと

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

 

おわりに

 

 

大阪市の平野区生野区南巽界隈で、頑固な肩こりにお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

はり筋膜リリース整体と同時に認知行動療法を施術に応用していています。

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにある整骨院す。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

参考文献

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-未分類

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.