足の指の骨折【平野区 生野区 南巽 整骨院】

足の骨折(外観とレントゲン)

赤丸の部分で骨折しています。当院での施術やリハビリについて解説します。

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は整骨院(当院)で行なう事ができる「手・足の指の骨折」の施術とリハビリを紹介します。

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区生野区にまたがる南巽・加美北地域でおすすめの整骨院、あなたにいちばん近くの整骨院を目指しています。

 

足の指の骨折について

 

重たいものを足の上に落として、足の指骨折してしまうことが多いです。足の指は骨が短く、骨折線が関節にかかることもあります。こうなると、痛みが長引いたり、後の痛みにつながることもあります。

 

 

症状

 

受傷直後に激痛を感じます。程なく腫れが出てきます。踵に体重をかけることでなんとか歩くことができますが普通に歩くことが困難になります。時間の経過と共に、皮下出血が出てきます。

 

母趾の骨折(外観)

捻挫と比べて骨折の腫れ方は強くなります。骨から出血するためです。

 

第2趾の骨折(外観)

時間が経過して骨折の腫れがひいた患部です。

 

自然経過について

 

足の指骨折は放置して治る事もあります。しかし、痛みを我慢して無理に歩きすぎると痛みが強くなったり、後の痛みが長引いたりすることによって、治るまでに時間が長くなることがあります。

 

仕事やスポーツなどの活動性を制限して計画的に安静期間を設定して最短期間で治るようにしましょう。

 

治療

 

まずは骨折の有無を確認します。必要ならば固定を行いますが、この部分はギプス固定は行えないことが多く、アルミシーネや装具、テーピングによる固定を行います。

 

骨折線の走り方によっては固定を必要としない場合もありますが、基本的に骨折部分に負担がかかるような生活は避ける必要があります。

 

第5趾の骨折(テーピング)

当院では多くの場合テーピング固定を行います。

 

当院での施術

 

当院では、骨折の有無をエコーで確認することができます。また、骨折として施術を行う際には医師の同意書が必要になりますので、紹介先の医師の診察とレントゲン検査を受けて頂く必要があります。

 

第5中足骨基底部骨折(エコー)

当院ではエコーを用いて骨折を確認する事ができます。

 

受傷間もない骨折の場合、まずはしっかりとアイシングします。2日間ほどアイシングを徹底して行えば、痛みが大幅に軽減すことが多いです。

 

 

痛みの範囲を越えて痛みを小さくするマッサージを行います。

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

 

おわりに

 

小川鍼灸整骨院

当院は大阪メトロ千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにある整骨院です。

 

大阪市の平野区生野区・南巽界隈で、足の指骨折の痛み、治療についてお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

鍼・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法も骨折後に長引く痛みの施術に応用していています。

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある南巽・加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにある整骨院です。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

執筆は小川でした。

経歴、プロフィール

http://www.korikori.com/staff/

 

参考文献

 

武本雅治:手指末節骨骨折の検討.昭和医学会雑誌,57 巻 3 号 p. 287-292,1997 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-骨折・外傷

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.