5年前から続く手首の痛みが改善した例【手首の痛み 大阪 平野区 南巽 鍼】

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

今回は5~6年前から感じる手首の痛み(尺側が3回の治療で改善(ペインスケールは10→1)した患者さんについて報告させて頂きます。

 

なお尺側とは小指側という意味です。しゃくそくと読みます。

 

 

患者さんについて

 

Bさん:35歳 男性 職業 会社員(海外勤務)

主訴:右手首の痛み(尺側)

 

 

5~6年前から右手首の痛みを感じる。原因については、

 

「はっきりわからないけど、仕事でなったのか?ヨガをするときに手で身体を支えた際に手首に痛みを感じたのでヨガが原因かもしれない。」

 

と話しました。これまでは痛みに変化はなく、痛くなったり楽になったりを繰り返しているそうです。

 

今回、コロナウイルスの影響で帰国。この際に手首をしっかりとみてもらおうと来院されました。

 

Bさんは今までに整体院にも通って手首の痛みを施術してもらったけれども、良くならなかったために途中で施術をやめたこともあると話してくれました。

 

施術と結果

 

低周波通電療法を3回行いました。

 

 

結果は、下のグラフの通り、初回の痛みを10とした場合に、3回目の時点では1にまで下がっていました。

 

 

なぜよくなったのか

 

手関節にの尺側に腫れや可動域制限はありません。動かした時の痛みもありません。

 

変形性関節症の特徴的な痛みである動作開始時の痛みもありません。

 

手関節の異常を見つけるためのいろんなテストも行ないましたが、陽性所見に乏しく異常らしい異常はみられませんでした。

 

ただ、手関節の尺側を押えると痛みがあるということです。本人様は手をついて荷重したときに痛みがあり、この手首の痛みに再現性があると話します。

 

 

上記のように、初診時には原因がはっきりしなかったので整形外科を紹介して検査をしましたが、やはり特に問題となる疾患はなかったのです。

 

そこでを行なう事になりました。1回目の施術の際には、

 

「考えられる原因を全て考えましたが、どれもはっきりと原因と言えるものはないので、僕の方法に任せてもらえますか?」

 

とお断りをはさんで、

 

「考えられるのは手首の痛みがBさんの中で大きく膨れあがっているということです」

 

と説明しました。

 

Bさんは当初、

 

「いや、自分の痛みは確かにある。不意の動作の時に痛みを感じるだけで、四六時中痛いということはないけど、この痛みのせいで行動が制限されることがとにかく嫌なんです」

 

と話しました。

 

しかし私はよく会話を重ねて、その事も全部理解した上で、

 

施術は痛み感覚を小さくする効果があります。それに加えて、痛みの事を全く考えないようにしてみて、脳から痛みの存在をなくしてしまう期間を作ってみませんか?」

 

と提案してみました。

 

Bさんは、「正直言って懐疑的」と自分の意見を述べながらも、その方法に半信半疑で同意して施術を受けて下さいました。

 

施術メニューはこちら↓↓↓

 

認知行動療法の方法を利用して行うこの鍼施術の方法は、検査をしても異常が見つからない患者さんや、どこに行っても良くならない患者さんに対して当院がよく行う方法です。

 

Bさんの場合、手関節に何があるのか分らない、いつ痛み出すか分らない状況では、手関節を信用することはできません。そうなると、意識が手関節に集中して痛みに敏感になってしまいます。

 

このことは精神交互作用として以前にもブログで紹介させて頂きました。

 

精神交互作用についてはこちら

↓↓↓

痛みと意識の関係について

 

今回は痛みの原因をしっかりと説明して、Bさん自身が「大丈夫なんだ」という保証を私と整形外科医からもらい、意識を手関節に集中することをやめることができたために痛みが小さくなった可能性もあります。

 

実際にBさんは

 

が効いたのか、注射が効いたのか、仕事をしていないのが良かったのか、よくわからないけど、とにかくこんなに痛みがないのは久しぶり。長期間手首の痛みを感じていたので普通の感覚がよく分らなくなっていたけど、これが普通なんだと思えるようになった。」

 

と話して下さいました。

 

この方法に「はまる」患者さんは、長年悩んでいた痛みから解放されることが多く見られます。

 

もちろん、の効果も考えられます。人間には痛みを感じにくくする下行性抑制というしくみが備わっていますが、施術はその下行性抑制を促す働きがあるとされています。

 

また手関節の小指側の神経を刺激することで、局所的な鎮痛効果が得られたということも考えられます。

 

長年の痛みにお困りの方は是非ともご相談ください。

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

 

おわりに

 

https://g.co/kgs/hzsd8b

 

大阪市の平野区、生野区界隈で手関節の痛みにお悩みの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

当院は大阪市の平野区と生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにあります。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

当院の患者さんは、平野区、生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

参考文献

 

石田治:尺側手根伸筋腱炎.整形外科大系,第15巻B,手関節手指Ⅱ第11章,p99-103,中山書店,2007.

 

川喜多健司:鍼灸刺激による鎮痛発現の機序-ポリモーダル受容器から脳内オピオイドまで-.医学のあゆみ,vol 203,No6,pp455-458,2002.

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-どこに行っても良くならない痛み, 手首の痛み, 鍼灸治療

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.