肩の痛みの原因について【40代 50代 治らない】

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

今回は、

 

・時間が経てば治ると思ったので放置していたけどなかなか治らないとか、

 

 

・最初は違和感だけだった肩の痛みがだんだん腕を上に上げられなくなったとか、

 

 

・日中も痛みはあるけど特に夜の痛みがつらく感じるとか、

 

 

・普段はあまり痛まないけど、ある角度で突然「ズキッ」と痛みが出るのが辛いとか、

 

 

・転倒した際に手をついた、肩をぶつけた後から突然肩が上がらないとか、

 

 

そんな肩の痛みの原因について解説します。

 

 

肩関節の構造についての解説をこちらでしていますので、わからない用語はこちらを参考にしてください。

 

 

症状から考える痛みの原因

 

 

~治ると思っていたがなかなか治らない~

40代後半から60代の方によくみられる肩の痛みのほとんどは、上腕骨と肩甲骨を固定している筋肉(回旋腱板)が擦り切れることによって出てくる腱板炎の痛みと考えられます。

 

 

この痛みは、腱板周辺にある滑液包などの組織の炎症などと区別がつきにくく、更に後述する肩関節周囲炎の原因になることもあります。

 

 

いわば、ジーンズの膝頭が擦り切れて、そこがほつれてきているようなそんなイメージです。この状態で痛みを感じない人もいますが、だらだらと痛みが続く人もいるようです。これがなかなか治らない肩の痛みの原因の1つです。

 

~だんだん肩が上がらなくなってきた~

いわゆる五十肩の中には、炎症が関節包に波及していく肩関節周囲炎があります。

 

 

関節包は肩関節の動きに合わせて伸び縮みする繊維性の組織ですので、ここに炎症が起こると、関節包が分厚くなって伸縮性がなくなります。

 

 

だから、関節が動かなくなってくるのです。

 

 

~夜の痛みが辛く感じる~

夜間痛の原因はよく分っていないようですが、最近は血管の増殖が原因という意見もあるそうです(スチール症候群)。

 

 

また、痛い側の肩を下にして寝ると、関節の中の圧が高くなって神経が刺激された結果、痛みが出ることもあるそうです。

 

 

別の視点では、布団に入ると寝落ちるまでは身体に意識が向きやすいために痛みを感じやすいとも考えられています。夜間痛は肩関節痛によく見られる症状です。

 

 

~何かの拍子に突然ズキッと痛む~

回旋腱板の中でも、構造的に棘上筋、棘下筋という筋肉は傷つきやすいのですが、その理由は棘上筋や棘下筋が肩甲骨の一部である肩峰という出っ張りの下を滑るように出入りする(動く)からです。

 

 

この部分を棘上筋や棘下筋が通過する時に刺激を受けて痛みを感じます。肩の動きは複雑で、素人では上手く理解できません。だから、どの動きの時に痛みが出るのかわからないのです。

 

 

患者のみなさんが「何かの拍子に突然ズキッと痛む」と表現されるのはこのためです。

 

 

~転倒した際に手をついた、肩をぶつけた後から肩が上がらない~

棘上筋や棘下筋が肩甲骨の一部である肩峰という出っ張りの下を滑るように出入りします。

 

 

だから、転倒して手をついてしまうと、上腕骨と肩峰の間に挟まれた棘上筋や棘下筋が傷ついたり、時には断裂したりしてしまうことがあります(腱板損傷・腱板断裂)。

 

 

これらの筋肉は、肩を上げる最初のところで働く筋肉ですので、腕が上がらなくなります。

 

 

~重量物を持ち上げた後から肩が上がらない~

肩甲骨と上腕骨を結わえ付ける回旋腱板のどれかが傷ついてしまっている可能性があります(腱板損傷)。

 

 

また、上腕二頭筋という力こぶになる筋肉の付け根が肩関節にありますが、それが傷ついたり、切れてしまったりすることもあります(上腕二頭筋長頭腱損傷・断裂)。

 

 

~腕の方にまで痛みが出てきた~

上記の理由で肩関節に痛みを感じますが、実はこの痛みは肩関節で感じているのではなく、脳で感じているのです。

 

 

肩関節の知覚神経が痛みを感じ取り、脊髄を通って脳に到達してそこではじめて痛みを感じます。

 

 

全身の感覚はこのように脳で感じますが、脳は身体の中の痛みを正確に感じ取ることができず、痛みの原因がある部位の周辺にまで痛みを感じることがあるのです。

 

 

このような痛みを関連痛といいます。肩関節の痛みによる関連痛は、上腕外側、前腕外側、人差し指と親指の間などに感じることがあります。また、肩甲骨周りに痛みを感じることもよくあります。

 

 

~肩を動かすと音が鳴る~

肩関節を大きく動かすと、ある部分で音が鳴ることがよくあります。その音は、上腕骨と肩甲骨の間の関節で鳴っているか、肩甲骨と肋骨の間で鳴っています。

 

 

関節の音は正常でもよく聞かれるものですので、痛みがなければ問題ありません。

 

 

異常な痛みは音と共に痛みが現れますので、その場合には検査が必要になります。

 

 

~肩以外に原因がある痛み~

例えば、狭心症や心筋梗塞の発作時に肩関節から腕の方に痛みを感じる場合があります。

 

 

また、頚椎に原因がある神経痛は、首から肩、腕の方にまで痛みを感じます。頚椎に原因がなくとも、首から腕に走る神経が何らかの理由で損傷される場合に、肩関節の異常を感じることがあります。

 

 

当院での施術

 

 

当院ではまず、患者さんの痛みの原因をできる限り医学的に追及します。検査が必要な場合には医療機関を紹介します。

 

 

当院で対処可能な場合は鍼・筋膜リリース・整体で施術を行います。

 

 

また、ほとんどの患者さんは肩の痛みと共に痛みに対する不安や心配を抱いております。生活の中でストレスが強い場合には特にその傾向にあります。

 

 

そのような患者さんに対しては認知行動療法的なかかわりを通して、痛みの沸点を高くする(痛みを感じにくくする)ように施術します。

 

 

肩関節周囲炎の場合、発症してから治るまでには早くて3ヵ月、概ね6ヵ月から1年程度かかることがあります。

 

 

無治療でも治りますが、その場合は肩関節の動く範囲が小さくなります。

 

 

当院では、痛みに対する施術を行いながら、できるだけ早期より運動を始めて、無治療で治る期間よりもより早く治るように施術を行っています。

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

 

 

おわりに

 

 

 

 

大阪市の平野区、生野区界隈で、原因がわからない肩の痛み困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

当院は大阪市の平野区と生野区の境目にある加美北地区、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

 

執筆担当は小川でした。

経歴、プロフィール

http://www.korikori.com/staff/

 

 

当院はコロナウイルス感染に対応中です。「3つの密」に対する対策をしっかりと行っています。

 

http://wwwkorikori.com/blog/covid-19info/

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-未分類

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.