圧迫骨折【圧迫骨折 リハビリ 小川鍼灸整骨院】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は整骨院(当院)で行なう事ができる「圧迫骨折」の施術とリハビリを紹介します。

 

 

 

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区にまたがる地域でおすすめの整骨院、あなたにいちばん近くの整骨院を目指しています。

 

 

 

圧迫骨折とは

 

 

圧迫骨折は背骨の骨折であり、胸椎と腰椎の間、第11胸椎から第2腰椎までの間でよく起こる骨折です。

 

 

 

骨粗鬆症で骨が弱くなっている高齢女性に多く起こります。

 

 

尻もちをつくようにお尻から転倒することで、背骨に縦の力が加わり、背骨がぺしゃんこになってしまうことが多いです。また、重い荷物を持ち上げようとした際に圧迫骨折を受傷してしまうこともあります。

 

 

 

男性や若い世代では、交通事故や高所からの転落、体重以上の重量物を持ち上げるなど背骨に縦の力が加わることで起きます。

 

 

脊椎骨は、前方が椎体、後方が椎弓(ついきゅう)という構造になっており、前方の椎体がぺしゃんこになります。

 

図は骨粗鬆症の模型です。椎体の中は密度が薄くなっています。この状態が圧迫骨折を起こしやすく、縦の力が加わると圧迫骨折を起こします。

 

 

椎体が「くさび形」になるとその部分を頂点として背骨丸く変形してしまいます。

 

 

極端に背中が曲がってしまう一番の理由は脊椎の圧迫骨折です。

 

 

 

 

 

症状

 

 

 

転倒直後から腰から背中にかけて激しい痛みを感じます。座ったり立ち上がろうとすると特に痛みが強く、横向きで寝ている状態が一番楽な姿勢です。

 

 

この時期は、固定と安静、それに鎮痛剤による治療が基本となります。

 

 

強い痛みは1ヵ月からそれ以上続くこともありますが、あまり痛みを感じない人も希にいます。

 

 

治療

 

 

圧迫骨折は一定期間の固定または安静が必要で動けない時期がある骨折ですが、その後の痛みは整骨院でもリハビリとして対処可能な骨折です。

 

また、骨粗鬆症のある患者さんでは、骨粗鬆症に対する薬物療法も必要です。

 

 

当院での施術

 

 

当院での施術は急性期の痛みがなくなった後のリハビリとして行なう事ができます。

 

 

圧迫骨折の後には、痛みのために起こる背骨の両脇を縦に走る脊柱起立筋の緊張による筋肉の痛みが出てくることがあります。

 

 

 

 

この痛みに対して、筋膜リリースを行って痛みを軽減させることができます。

 

 

骨粗鬆症がなく、骨折部分の痛みも全くない患者さんで、背中を引き延ばしたいような鈍痛を感じる方には太ももの裏側、臀部(おしり)腰まわりの筋肉を無理のない範囲でストレッチするようにしています。

 

 

 

また、鍼治療は緊張して血流が悪くなっている脊柱起立筋の血流を改善して、痛みを軽減させることができます。

 

 

運動時の痛みがないけれども圧迫骨折後の鈍痛でお困りの場合は、リハビリとして適度な運動が背中の痛みを軽減させることもあります。

 

 

 

 

ご高齢の患者さんで介護保険が適応となる患者さんに対しては、当院に併設されているリハビリデイサービスたすくで運動指導を行うこともできます。

 

 

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

費用:7000円/40分(対面・リモート共)

 

 

 

おわりに

 

 

https://www.google.com/maps/place/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E9%8D%BC%E7%81%B8%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/@34.6436602,135.5543889,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xb601f267c6693c67!8m2!3d34.6436602!4d135.5543889

 

 

大阪市の平野区生野区界隈で、圧迫骨折の痛み、リハビリについてお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法も骨折後に長引く痛みのリハビリに応用していています。

 

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

 

執筆担当は小川でした。

経歴、プロフィール

http://www.korikori.com/staff/

 

 

当院はコロナウイルス感染に対応中です。「3つの密」に対する対策をしっかりと行っています。

 

http://wwwkorikori.com/blog/covid-19info/

 

 

参考文献

 

 

森 諭史:骨粗鬆症患者の椎体圧迫骨折,脊柱変形とADL低下の関連.日本腰痛学会雑誌,8 巻 1 号 p. 58-63.2002 .

https://www.jstage.jst.go.jp/article/yotsu/8/1/8_1_58/_pdf/-char/ja

 

 

宮島 剛:骨粗鬆症と脊椎・関節疾患.理学療法科学,20 巻 3 号 p. 241-244,2005 .

https://www.jstage.jst.go.jp/article/rika/20/3/20_3_241/_pdf/-char/ja

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-未分類

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.