頚椎症性脊髄症の治療【背骨の変形 脊髄 手のしびれ ふらつき】

 

はじめに

小川鍼灸整骨院のブログです。背骨の変形は首や腰に多いのですが、今回は首の背骨(頚椎)が変形して首の頚髄が圧迫を受ける「頚椎症性脊髄症」について説明いたします。

 

 

背骨の変形は年齢を重ねるにしたがって少しずつ進んでいきます。そして背骨はその中に脊髄(せきずい)を通していますので、背骨の変形は脊髄を圧迫して手のしびれや麻痺、ふらつきなどの神経的な不具合を引き起こします。

 

 

 

疾患

 

 

 

 

 

頚椎は7つの骨(椎骨)からなりますが、加齢に伴う変形により、脊髄を通す「脊柱管」という部分が狭くなってきます。

 

頚椎を上から見た模型です。

 

ただ、脊柱管が狭くなると必ず発症するのかというとそうではなさそうです。変形は年齢とともに必ずおこるのですが、頚椎症性脊髄症になる人は先天的に脊柱管が狭く、そこに変形が加わって脊髄が圧迫されることになります。

 

症状

 

足元がふらつくなどの症状の原因が最初に現れることが多いです。その他、両手のしびれ、服のボタンをしめることや食事の際にはしを使うことなどの細かい動作が出来なくなります。

 

 

首の痛みはそれほど感じないという人が多いのですが、もともと肩こりを感じていたりすることはよくあることです。症状が進行すると、両足・両手のしびれ、排便排尿障害も現れます。

 

 

自然経過

 

 

上肢の症状しかでていない場合は、自然経過は良好です。おおよそ半数近くの人の症状が進行しないという報告があります。しかし、足元がふらつくような症状が出てきたら症状が急激に進行することもあります。そうなれば早い目の手術が必要になります。

 

 

 

当院での施術

 

 

頚椎症性脊髄症に対して当院では、それに付随する症状を軽減するように治療を行ないます。首や背中の痛みだるさに対してはその部位の筋膜の滑動性を高めるための筋膜リリースを行ないます。

 

 

また、はり治療も痛みを軽減させるためには有効です。首に対する整体は一切行ないません。可動域いっぱいに首を動かすことで、脊髄に刺激を与えてしまう可能性があるからです。

 

 

頚椎症性脊髄症の治療で重要なのは、この疾患を詳しく理解しておくことと、下肢への症状が現れた時にすぐに手術療法を考慮することです。当院では治療前には必ず提携先の脳神経外科医の診察を受けて頂くようにしています。

 

 

 

 

頚椎症性脊髄症は進行すれば必ず手術が必要になる疾患ですので、治療の際にはこの疾患について深く理解することが重要です。小川鍼灸整骨院では整形外科勤務経験をもつ院長が、軽度の頚椎症性脊髄症に対してしっかりと管理をさせて頂きます。

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

 

 

 

おわりに

 

 

 

 

大阪市の平野区、生野区界隈で、股関節の痛みにお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法を頚椎症性脊髄症の施術に応用していています。

 

 

執筆担当は小川でした。

経歴、プロフィール

http://www.korikori.com/staff/

 

 

当院はコロナウイルス感染に対応中です。「3つの密」に対する対策をしっかりと行っています。

 

http://wwwkorikori.com/blog/covid-19info/

 

※内容につきましては、プライバシーに配慮して、話しの構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを加工しています。

 

 

参考文献

 

頚椎症性脊髄症診療ガイドライン 2010

 

 

市原和彦(他):頚髄症の自然経過と中心性頚髄損傷の発症メカニズムの解明.脊椎外科Vol.26,No.1, pp98-100,2012.

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-しびれ,

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.