頭の変形による首の痛み【筋膜リリース】

 

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回は頭の変形が原因とされる首の痛みが5回の筋膜リリースで改善したBさん(ペインスケールは10→3)について報告します。

 

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区にまたがる加美北地域でおすすめの整骨院、あなたにいちばん近くの整骨院を目指しています。

 

 

事例

 

Bさん:  75歳 男性 職業 主夫

主訴:首の痛み

 

この痛みの原因と治療に対する希望についてBさんは次のように語りました。

若い頃から首の痛みを感じている。この痛みの原因は、頭が変形していて左の首がつっぱっていて、左側に痛みが出ているから。

 

 

そのせいで左にも回りにくい。昔、あん摩屋さんに行ったときに、「あなたはこれを揉まないと死ぬよ」と言われた。

 

 

頭や首の問題なので実際にあり得ると思う。この首の痛みはもう治らないと思うけど楽になれば良いと思う。

 

 

揉んでくれたら楽になると思うのでとにかく揉んで欲しい。            

 

 

 

施術と結果

 

 

筋膜リリース5回 (週に1回)

 

5回の施術で最初の痛みが2にまで小さくなっていきました。

 

 

施術メニューはこちら

↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

 

 

なぜ良くなったのか

 

 

Bさんは、固まっている首周りの感覚が柔らかくもみほぐすような施術と、左の首の可動域を広げる施術によって、良い印象を受けたご様子でした。

 

 

その結果、「動きにくいと感じていた左方向への首の動きが楽になった」と喜んでくださいました。

 

 

安静時痛のだるい首の痛みがあり、動き始めの痛みはないとのことです。特に押えて痛い所もなく、顔を左に向ける頚椎の左回旋運動がしにくいということでした。 

 

 

この症状は、西洋医学的には頚椎症として解釈できます。頚椎症は肩こりの原因のひとつと考えられます。

 

 

肩こりの原因についてブログで説明していますので、ご参照ください。

 

頚椎症は、頚椎の椎間板や椎間関節が老化して変形することです。特に左右一対になっている椎間関節は、左右どちらかの関節に炎症が起きたり、変形に左右差がでると片方の動きだけが悪くなったりすることもあります。

 

左の方が変形がひどいレントゲン画像。この患者さんの場合、左の腕の方まで痛みがでていました(頚椎症性神経根症)

 

 

これらの変形や痛みによって左右の筋肉の負担(緊張)の程度に変化が生じて、だるい首の痛みを感じます。

 

 

そして変形が進行すれば、頚椎から腕の方に走る神経が圧迫されて、腕の方にしびれや痛みを感じることもあります。

 

 

Bさんの場合は変形による筋肉の緊張と可動域制限のみがみられました。

 

 

よって西洋医学的には軽度の頚椎症と解釈しました。

 

 

しかし、Bさんはこの変形が原因であるとして長年、自分の首の痛みと付き合ってきました。このことを誰も否定することはできません。

 

 

このような患者さんに対しては、患者さんの考えにどっぷり浸かり、患者さんの考え方も利用しながら治療を行なう様にしています。

 

 

今回はその結果、Bさんの満足度も高まったと考えられます。最後には、「もっと早く来れば良かった」と言って頂けました。

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

 

 

 

おわりに

 

 

 

 

大阪市の平野区、生野区界隈で、の痛みにお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

 

筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法を首の痛みの施術に応用していています。

 

 

執筆担当は小川でした。

経歴、プロフィール

http://www.korikori.com/staff/

 

 

当院はコロナウイルス感染に対応中です。「3つの密」に対する対策をしっかりと行っています。

 

http://wwwkorikori.com/blog/covid-19info/

 

※内容につきましては、プライバシーに配慮して、話しの構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを加工しています。

 

-未分類

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.