老人性円背について【大阪 平野区 生野区 圧迫骨折  南巽 整骨院】

老人性円背のイメージ

背中が曲がってくることについて気になる人は多いです。圧迫骨折はその原因となります。今回は背中が曲がった状態である円背について、その予防や治療について解説します。

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

今回は老人性円背(えんぱい)という背中が丸くなった状態について紹介します。

 

内容は以下の通りです。

・円背とは

・円背を引き起こす原因

・老人性円背の症状

・当院での予防と治療

・おわりに

 

問い合わせはこちら

 

当院は予約制です。

ご予約や症状についてのご相談、お問い合わせは

電話メール

で受け付けております。

 

遠方にお住まいの方には

ZOOMによるカウンセリングもご利用いただけます。

②お近くの提携治療院を紹介することができます

お気軽にご相談ください。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南東、平野区生野区の境目、南巽・加美北地区、南巽駅近くにある鍼灸整骨院です。地域で一番おすすめの整骨院、あなたにとっていちばん近くの整骨院を目指しています。

 

円背とは 

 

円背は色々な原因で脊椎が後方へ曲がってしまい、背中が丸く見える状態を指します。

 

 

骨粗鬆症を伴う高齢者や女性に多く見られます。

繰り返す圧迫骨折や椎間板の変性によって徐々に変化が起きます。

 

圧迫骨折によって背骨が三角形(くさび形)に変形しています。

 

円背を引き起こす原因

 

老人性円背の原因は、

 

・脊椎圧迫骨折

 

・加齢による骨変形

 

があります。

 

圧迫骨折についてはこちら

 

また間接的には

 

・骨粗鬆症などによる骨密度低下

 

・筋力低下による支持機能の低下

 

これらが重なることでもろくなった椎体に力が加わり、圧迫骨折を起こします。

 

一番したの背骨が圧迫骨折を起こしている模型です。

 

老人性円背の症状

 

症状としては

 

・椎体圧迫骨折による腰部・背部の痛み

 

・後彎部による脊柱筋の過伸展による痛み

 

・圧迫による筋血流量減少による鈍痛や不快感

 

・内臓が圧迫されることによる食欲減退や便秘、

 

・背中が伸びづらい事による呼吸機能の低下

 

などがあります。

 

当院での予防と治療

 

骨の変形は一度起こると元には戻りません。

 

そのため、重要なことは現状よりも悪化させない事と予防です。

 

円背に行う保存療法として、運動療法薬物療法があります。

 

運動療法として当院では筋力強化、バランス能力の強化、ストレッチを目的とした、ぐるぐるフルフル体操を行っております。

 

背中が曲がってくることに対して不安のある方は是非ともご相談ください。

 

ぐるぐるフルフル体操教室をはじめます【大阪 平野区 生野区 南巽  健康 筋力】

 

また、介護保険が適応となる患者さんに対しては、当院に併設されているリハビリデイサービスたすくで運動指導を行うこともできます。

 

 

南巽リハビリデイサービスたすく

 

薬物療法では、

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)などの痛み止め、骨粗鬆症に対する薬物治療があります。

 

また、骨粗鬆症を未然に防ぐ意味では上記運動に加えて、適切な食事をとることも重要です。

 

 

 

おわりに

 

 

 

問い合わせはこちら

 

当院は予約制です。

ご予約や症状についてのご相談、お問い合わせは

電話メール

で受け付けております。

 

遠方にお住まいの方には

ZOOMによるカウンセリングもご利用いただけます。

②お近くの提携治療院を紹介することができます

お気軽にご相談ください。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南東、平野区生野区の境目、南巽・加美北地区、南巽駅近くにある鍼灸整骨院です。地域で一番おすすめの整骨院、あなたにとっていちばん近くの整骨院を目指しています。

 

大阪市の平野区生野区界隈で、圧迫骨折の痛み、リハビリについてお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

鍼・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法も骨折後に長引く痛みのリハビリに応用していています。

-ぐるぐるフルフル体操, リハビリデイサービス たすく, 背中の痛み

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.