西洋医学で治らない不調について【肩こり 腰痛 頭痛 自律神経失調症 平野区 生野区 南巽 整骨院】

西洋医療では対処できないイメージ

先日も数カ所の病院へ行っても良くならない、心療内科に行っても他人事のように扱われ、「この問題(自分の辛さ)を単に自律神経の乱れだけで片付けていいのか!?」と、怒りと一緒に辛さを訴える頭痛患者さんがやってきました。当院ではしっかりと施術いたします。ブログをご参照ください。

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

なぜ西洋医学では治らないのか?

 

今回は肩こりや頭痛、腰痛、自律神経失調症などで西洋医学を受けたけれども良くならない方々が、

 

そうか、そういうことなんだ!と、

 

良くなるためのヒントになるような、そんな文章を目指しました。

 

そのヒントですが結論からいいますと、

 

肩こり頭痛腰痛自律神経失調症などの人間が感じる身体の不調は本来、お医者さんが考えるほど単純なものではない。本来はもっと複雑なのにそれを単純にしてしまうから治らない!!」

 

ということです。

 

そして、皆さんが良くなるためのには、

 

「体調不良の複雑な原因を、他者とのかかわりを通して自分で理解して対処できるようになる」ということです。

 

できるだけわかりやすく説明します。

 

内容は以下の通りです。

・治療の基本構造

・いろいろな治療の考え方

・西洋医学の考え方

・どこに行っても良くならない痛み、誰が治すの?

・おわりに

・参考文献

 

治療の基本構造

 

 

まず私が学んだ医療人類学という学問から、治療の基本構造を眺めてみましょう。

 

現在の科学的な西洋医学がまだ発達していなかった昔(約250年以上前)は、身体の不調に対する治療法は信仰も含めていろいろありました。

 

現代でも西洋医療が利用されていない一部の地域では、その土地に伝わる伝統的な方法で身体の不調を治療しています。

 

その対処の基本的な構造は、

 

不調を感じる→原因を探す→対処する→治る

 

というものです。

 

この基本構造はその時代の価値観やその土地の文化社会的な価値観、さらには個人的な価値観によって中身が変わります。そしてもちろん、西洋医療も同じ基本構造をもっています。

 

例えば西洋医学がない社会では、不調を感じた時にちょっと信じられないような基本構造が知られています。3つほどの例を挙げます。

 

1)不調を感じる→原因は前世の悪行→シャーマンが前世に行って和解させる→治る

 

2)不調を感じる→原因は他人の妬み→シャーマンが妬みの原因を突き止め和解させる→治る

 

3)不調を感じる→原因は動物の霊→呪術師が動物の霊をなだめてる儀式を行なう→治る

 

 

これらの考え方は、昔ながらの文化的価値観の中で生活している人たちの考え方です。

 

テレビのドキュメンタリーなどで見たことがある人もいるでしょう。

 

前世の悪行?妬み?動物の霊?信仰?そんなものが体調不良の原因だなんて、なんだか信じられないですね。

 

でも、この「信じられない」という感覚が、私たちの治療を難しくさせているのかもしれません。

 

あなたの治らない症状も、「これだ!」と思えるあなたの基本構造が見つかれば治るかもしれませんよ。

 

いろいろな治療の考え方

 

その他に治療の基本構造にはいろいろなパターンがあります。肩こりの治療を想定して大雑把に見てみましょう。

 

例えば、古代中国の哲学から生まれた東洋医学は以下のように考えます。

 

肩こりを感じる→気のバランスが悪い→鍼灸師がバランスを整える→治る

 

また、現代社会でも手かざしなどのエネルギーを利用したり、霊的な力を用いて治療する先生もいますよね。

 

肩こりを感じる→エネルギーのバランスが悪い→療術師がバランスを整える→治る

 

マッサージを主体に治療を行う先生は以下のように考えるかもしれません。肩こりを感じる→筋肉の血流が悪い→治療者が血流を整える→治る

 

リンパマッサージを行う先生は、以下のように考えるかもしれません。肩こりを感じる→リンパの流れが悪い→治療者がリンパの流を整える→治る

 

カイロプラクターや整体師の先生の考え方を単純化すると以下の通りにです。肩こりを感じる→背骨が歪んでいる→整体師が背骨を整える→治る

 

家族や健康に関する素人の間でもこのような構造はあります。

肩こりを感じる→疲れが溜まっている→疲れを解消する→治る

肩こりを感じる→血流がわるい→お風呂で温める→治る

肩こりを感じる→運動不足→運動をする→治る

 

西洋医学の考え方

 

肩こりを感じる→筋肉の緊張がある→筋肉をゆるめる薬を投与する→治るまたは、肩こりを感じる→筋肉内の神経が刺激される→痛みを感じない薬を投与する→治る

 

これは肩こりの原因を科学的に分析して、主に肉体的な原因に対処する考え方であり、私たちの社会では最も正しいとされている現代医学の考え方です。

 

 

この考え方を受け入れて薬を飲むことで治る人もたくさんいます。しかし、治らない人は西洋医学の考え方だけでは問題が解決していないということでになります。

 

ここではわかりやすく肩こりを例にして解説していますが、腰痛、頭痛、自律神経失調症などもすべてそうですね。

 

どこに行っても良くならない痛み、誰が治すの?

 

その昔は、生きる辛さを身体で表現して、それを社会が認めてうまく治めて体調を回復していたようです。

 

そこには、人間関係によるストレスや生きることの悩み、苦悩をうまく表現して他者と共有する習慣がありました。

 

そしてそれらを解消する社会が認めたやり方(儀式)がありました。だから、その儀式を行なうと、なんだか治ったような気になったり、実際に治ったり、はたまた、我慢できるようになるのでしょう。

 

最初に説明しましたシャーマニズムとは正にそういうことですね。

 

しかし、現代医学は人間の病気を文化や社会、習慣と切り離して、単に肉体の問題として非常に短絡的あつかうようにしました。

 

現代医学的な解釈は、医師などの医療の専門家にはわかりやすい反面、患者さんにとってはよくわからないものになっています。

 

 

また現代医学的な解釈は、身体の不調に含まれている「生きることの悩みや苦悩」を他者と共有する機会をなくし、「生きることの悩み、苦悩」を個人の責任として背負わせてしまうのです。

 

現代医学が幅を利かせる前は、個人が感じる「生きることの悩み、苦悩」を、地域社会が一緒に癒やすことになっていたのでしょう。そのような社会はまだまだあります(

 

しかし現代日本社会はそうではないのです。誰にも分ってもらえない「生きることの悩み、苦悩」が、個人の身体の問題として自分だけに重くのしかかるのです。

 

 

この患者さんの辛さや痛みは、だれが癒やすのでしょうか?

 

先日も数カ所の病院へ行っても良くならない、心療内科に行っても他人事のように扱われ、「この問題(自分の辛さ)を単に自律神経の乱れだけで片付けていいのか!?」と、怒りと一緒に辛さを訴える頭痛患者さんがやってきました。

 

当院は、このような患者さんを心を込めて施術します。

 

どこに行ってもよくならないとお困りの患者さんは小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

)私は社会が病気を治す事例をタイで見学しました。ブログ記事にしていますので興味のある方は下の写真をクリックしてご覧ください。

タイ、エイズホスピスにて。

 

おわりに

 

 

大阪市の平野区、生野区界隈でどこに行ってもよくならない慢性の痛みでお悩みの方は是非とも当院にご相談下さい。鍼灸筋膜リリース整体などでみなさまの痛みを施術します。小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。

 

参考文献

 

波平恵美子:病と癒し: 今と昔.日本農村医学会雑誌 51 巻 6 号 p. 872-877 ,2003 .

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrm1952/51/6/51_6_872/_pdf/-char/ja

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-タイ・パバナプ訪問記, どこに行っても良くならない痛み

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.