こころと関係する膝の痛み【大阪 平野区 生野区 スポーツ 膝の痛み MRI 半月板】

はじめに

 

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今回はスポーツによる膝の痛みでどこに行ってもよくならなかった、MRI検査をしたけど良くならなかった患者さんが改善した事例(ペインスケールは10→3)について報告させて頂きます。

 

 

 

小川鍼灸整骨院大阪市の平野区生野区にまたがる加美北地域でおすすめの整骨院、あなたにいちばん近くの整骨院を目指しています。

 

 

事例

 

 

Sさん: 48 歳 男性 職業 公務員

 

主訴:左膝の痛み

 

 

 

 

3ヵ月前に野球のプレー中にスライディングした際に、自分の左膝頭を相手選手にスパイクの上から踏みつけられた。その1週間後に外科を受診。皮膚の挫滅創があったために安静指導され、塗り薬をもらって安静にしていた。

 

 

しかし、1~2週間経過しても良くならないためにもう一度外科受診してリハビリを受けたが良くならず、MRI検査を行なったところ、「ちょっとキズみたいなものがある、水がたまっている」と診断され、その後に電気治療を受けたけれども良くならない。

 

 

 

曲げたときのつっぱった感じが気になり曲げにくい。これがなかなか治らない。外科では一貫して「安静に」といわれたので動かさなかったとのことです。「普通に走ったり、スポーツできるようになりたい」というのがSさん希望です。

 

 

施術と結果

 

 

膝周辺組織への筋膜リリース  4回 (2週間)

 

 

施術メニューはこちら↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

2週間の治療期間で4回の治療を行ないました。膝の痛みや張った感じは10→3になり、2週間後の試合に参加できました。

 

 

 

診立てと考察

 

 

Sさんは、「じっとしていると固まってしまうような気がする。ケガしたときは表面が痛く、それからずっと触れただけで皮膚に痛みを感じる。膝が曲がらない、この張った感じはここにあるはずもない筋肉がのっかってきたみたい。そんな感じがする」

 

 

 

と話しました。所見をとってみると、確かに表面の感覚は敏感になっていますが、安静時にはたまにチクッとする膝の痛みを感じることと、深く曲げたときにつっぱり感を訴えるだけで、その他の所見はありませんでした。

 

 

Sさんに対する診立ては膝外傷後の膝蓋前滑液包炎です。膝頭を強く打ち付けた際に膝頭の皮膚の下にある膝蓋前滑液包が炎症を起こしたのでしょう。また、ずっと安静にしていたので、内部で傷ついた結合組織(fascia:ファッシア)が癒着を起こした可能性も考えられます。このために可動域制限が出たと考えられます。

 

 

Sさんの場合、やはり不安傾向が強かったのだと思われます。その原因としては医師の診立てが考えられます。

 

 

MRI検査の結果、Sさんは水がたまっていることと、半月板の異常を指摘されました。スポーツ選手にとって半月板損傷はスポーツ生命に関わる重病であることは、メディアを通じてよく知られることです。

 

 

Sさんは自分が半月板損傷だと思い込んでいました。このことが結果としてSさんの重症感をあおってしまうことになったのだと考えられます。

 

 

 

また、安静に徹することによって関節の拘縮、つまり可動域の低下につながったのでしょう。

 

 

半月板損傷はMRI検査で確認できますが、実際には半月板損傷がないにもかかわらずあるように見えることがあります(アーチファクトといいます)。

 

 

ですので重要なのは、画像だけでなく、スポーツ時に受傷した時の力の加わり方(受傷機転)など総合的に考えることが重要です。結果論になってしまいますがSさんの場合、半月板損傷はなかったのだと考えられます。

 

 

また「水がたまっている」という医師の発言はもしかすると関節の中ではなく、皮膚の下にある滑液包に水がたまっているということだったかもしれません。

 

 

さらに、安静を徹底したこともSさんの不安をあおり、症状の回復やスポーツへの復帰を遅らせた原因と考えられます。比較的まじめな性格傾向であるSさんは、医師の言いつけをしっかりと守りました。

 

 

しかしながら膝が張った状態、固い状態が回復しませんでした。

 

 

少なくとも、Sさんが回復について何らかの不安を感じていることを医療者が気付くことができればもっと早い段階でSさんの症状は小さくなっていたと考えられます。

 

 

当院ではSさんは膝の状態と心の状態にしっかりと向き合った施術を行ないました。

 

 

具体的には、膝の張った感覚の原因を考え直し、Sさんが膝の状態にどんなイメージを持っているのかを詳しくお伺いし、関節をしっかりと動かしながらできるだけ動くように指導しました。

 

 

その結果、Sさんは2週間後にスポーツに復帰できました。

 

 

 

ここには慢性的な痛みに対して有効性が確認されている心理療法「認知行動療法」が応用されています。

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

費用:7000円/40分(対面・リモート共)

↓↓↓↓

現在、令和3年2月末日まで

リモートは2500円/40分、

対面は3000円/40分

となっております。

 

 

おわりに

 

 

https://www.google.com/maps/place/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E9%8D%BC%E7%81%B8%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2/@34.6436602,135.5543889,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xb601f267c6693c67!8m2!3d34.6436602!4d135.5543889

 

 

大阪市の平野区生野区界隈でどこに行ってもよくならない膝の痛み、スポーツ障害、半月板損傷でお悩みの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法を半月板損傷の施術に応用していています。

 

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにある整骨院です。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

寿町、衣摺などから来院されています。

 

 

執筆担当は小川でした。

経歴、プロフィール

http://www.korikori.com/staff/

 

 

当院はコロナウイルス感染に対応中です。「3つの密」に対する対策をしっかりと行っています。

 

http://wwwkorikori.com/blog/covid-19info/

 

※内容につきましては、プライバシーに配慮して、話しの構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを加工しています。

 

 

参考文献

 

久我尚之・王享弘:膝半月板損傷のMRI診断.整形外科と災害外科, 45:(4)1029~1031,1996.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai1951/45/4/45_4_1029/_article/-char/ja

 

 

水野泰行:慢性疼痛と破局化 .心身医学, 50 巻 12 号 p. 1133-1137 ,2010 .

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpm/50/12/50_KJ00006772489/_article/-char/ja/

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-スポーツ障害・外傷, どこに行っても良くならない痛み, 膝の痛み

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.