ストレスが関係するヘルニアの患者さん【腰痛 平野区 生野区 南巽 小川鍼灸整骨院】

腰痛女性のイメージ

「ストレスによってヘルニアが起る」ということはイメージしにくいですが、ストレスによって痛みが大きくなり、生活に支障が出てそれが更にストレスとなる・・・という悪循環はよく起ります。ブログで解説しています。

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

ヘルニアストレスと関係する?なんだかピンとこない方も多いと思います。

 

ストレスヘルニアを引き起こすということではないのですが、ヘルニアの痛みはストレスが高い人ほど感じやすいということなんです。

 

今回は、ストレスヘルニアの関係を実際の患者さんの事例から説明して、当院でどのように施術できるのかをご説明します。

 

内容は以下の通りです。

・患者さんについて

・腰痛とストレス

・当院での施術

・おわりに

 

また当院では、

メールお電話

無料相談を受け付けています。

オープンチャットでもご相談頂けます。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南東、平野区生野区の境目、南巽・加美北地区、南巽駅近くにある鍼灸整骨院です。地域で一番おすすめの整骨院、日本で一番身近な整骨院を目指しています。

 

患者さんについて

 

事務職員の40代女性Fさんは3年ほど前から強い腰痛を訴えておられ、通院されています。

 

性格的にイライラしやすく、ストレスは溜りやすいとのことです。

 

 

以前より整形外科では腰椎椎間板ヘルニアと診断されています。

 

私もMRIも見せてらいましたが、Fさんのヘルニアは大きく飛び出していました。

 

 

痛みは20代のころからあったのですが、今が最も痛いということです。

 

1年ほど前には痛みがピークであり、整形外科を受診したところ手術となりました。

 

手術の結果、非常に良くなったのですが、また最近痛みが強くなってきて、2回目の手術を受けようかと整形外科医に意見を求めたそうです。

 

しかし整形外科医からは、

 

「前回と同じ手術はできない。するのなら腰椎固定術です」

 

と言われたそうです。

 

 

Fさんは、ご自分でもストレスが多いことと、ストレスが強い時に痛みを感じやすいことに気付いておられます。

 

しかし、それに対して自分で対策しようとしてもうまく行かないことにうんざりされておられます。

 

「分っているけれどもどうにもならないから手術でヘルニアを切り取ってスッキリしたい」というのがFさんの本音かもしれません。

 

腰痛とストレス

 

Fさんの場合は、ヘルニアによる痛みに加えてストレスによって痛みを感じやすい(疼痛閾値が下がっている)状態になっていると考えられます。

 

この状態が続くと、腰痛によって仕事を休む必要が出てきたりして、社会生活がうまく行かなくなることもあります。

 

例えば、腰痛のせいで、

 

・仕事が満足にできない、

・会社との折り合い(人間関係)が悪くなる、

・思った通りの人生を歩めていない、

・痛くて動くことができない、

・楽しくない、

・満足できていない、

 

こうなると、腰痛と日常生活が複雑に絡み合うことになってしまうのです。

 

またこのような時間が長引いてしまうと、腰痛とうまくいかない人生が関連することになります。

 

慢性腰痛の治療には、患部の筋肉の緊張や血流・筋膜の癒着・低下した関節可動域・炎症など、身体の中の腰痛の原因が改善する必要があるのは言うまでもありません。

 

しかし、慢性腰痛は私生活や感情の問題と複雑に絡んでしまうために、単に身体の治療だけでは満足できる結果を得ることはできません。

 

実際にFさんは1回目の手術を行なってもまた痛みが出てきています。

 

腰痛が私生活や感情の問題、対人関係のあり方などと関連していることにしっかりと向き合わないと、ストレスも自分の腰痛も根本的に解決できないのです。

 

当院での施術

 

このような複雑な腰痛に対して効果的な治療を行なうためには、腰痛と感情の関連や腰痛に対する「考え方」に気づく必要があります。

 

そしてその考え方を変化させていく必要があるのです。そこで当院では認知行動療法的なかかわりを筋膜リリースや整体の施術の中に応用しています。

 

 

心と身体の療法にアプローチによって、今まで全く良くならなかった腰痛が軽くなったり、問題として感じなくなる方が沢山いらっしゃいますので、お困りの方は是非ともご相談ください。

 

「認知行動療法的なかかわり」や当院の施術の事例については以下のリンクをこちらをご覧ください。

認知行動療法的なかかわり【平野区 生野区 南巽 鍼灸 小川鍼灸整骨院】

 

認知行動療法的なかかわりの例【平野区 生野区 南巽 腰痛 小川鍼灸整骨院】

 

施術についての詳細はこちら

施術メニュー

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

オープンチャットでもご相談頂けます。

おわりに

 

 

大阪市の平野区生野区南巽界隈で、頑固な腰痛、ヘルニアの痛みにお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

当院は筋膜リリース・整体・はり施術認知行動療法的なかかわりを通して皆様の痛みを治療する鍼灸整骨院です。

 

標準的な施術である筋膜リリースや整体、はり施術で痛みのコントロールを行なうことと同時に認知行動療法的なかかわりをとおして、

 

一緒に、ゆっくりと、いろいろと考えながら、あなたがポジティブな方向に向かえるようにお手伝い致します。

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにある整骨院す。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

-ストレス, どこに行っても良くならない痛み, ヘルニア

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.