マレットフィンガーの治療 【骨折 固定方法 固定期間 装具】

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

今回は、少年野球でよくみる指先の骨折であるマレットフィンガーについて解説します。

 

患者さんについて

 

野球の練習で突き指をしてしまったT君のお母さんからお電話がありました。

 

 

 

 

 

 

電話では、「ボールが指先から当った。腫れもある。動かすと痛い。これ、骨折してるの?病院行ったほうがいい?先週の土曜日に怪我したけど、日曜の試合にはなんとかして出たの。次の週末の試合には出てもいい?」

 

この手の質問は小学生の患者さんとその親御さんに本当に多いです。

その質問の時に一緒に送られてきた画像がこれです。

 

 

 

 

 

 

右の人差し指が伸びていません。

 

私は話を聞いて次のように答えました。

 

「指先からボールが当ったら第1関節に痛みが出ることが多いです。それは骨折してる可能性もあるから一応病院でレントゲンだけ撮ってもらった方がいいですね」

 

病院を受診されたT君。その後の来院されました。

 

みてみると、やっぱり第1関節が伸びていません。そして、病院ではマレットフィンガーと言い渡され、3ヵ月間のスポーツ中止と装具を付けられたたとのことです。

 

マレットフィンガーとは

 

末節骨に付く腱(深指伸筋腱)が腱の付着部で切れてしまうか、骨折を伴って腱の付着部が外れてしまうか、どっちにしても第1関節が伸びない状態で外から見た状態が木槌(マレット)のようになってしまうのがマレットフィンガーです。

 

T君の場合は、図のようにボールが指先に当たって受傷しました。

 

 

マレットフィンガーは特別な部位の骨折であるために、普通の治療の仕方とは異なり装具が必要で固定方法は独特です。

 

切れた腱または骨折部分をしっかりと固定してくっつく環境を整える必要がありますので、この装具を付けて6週間程度固定期間が必要とされています。

 

マレットフィンガーの治療について

 

私の経験では、この固定期間を守れる人は少ないようです。それは、第1関節を伸ばした状態で固定する事がけっこうつらいからです。

 

この固定期間をしっかりと過ごすことができれば、また第1関節は伸びるようになるのですが、途中でやめてしまうと断裂腱または骨折部分がしっかりとくっつかずに、腱は指を伸ばせなくなってしまいます。

 

たまたま患者さんの中にマレットフィンガーになってしまった人を発見して撮らせてもらった写真が下の通りです。

 

 

 

 

 

 

この患者さんに伺ったところ、特別な不自由はないとのことでした(笑)。

 

マレットフィンガーはしっかりと装具を用いて治療すれば変形なく治ります。

 

しかし、固定期間が長くなってしまうために患者さんの同意が必要になります。

 

またそのためにはしっかりとした知識のもとに説明することが重要ですね。

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

 

おわりに

 

 

大阪市の平野区生野区界隈で、マレットフィンガーの痛み、治療についてお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにある整骨院です。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

参考文献

 

柳原泰:マレット・フィンガーについて.日本義肢装具学会誌 4 (4): 287~290, 1988.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspo1985/4/4/4_4_287/_pdf

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-スポーツ障害・外傷, 手の痛み, 骨折・外傷

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.