成長痛の施術例と注意点【大阪 平野区 生野区 南巽 原因不明 筋膜リリース 小川鍼灸整骨院】

成長痛のイメージ

小学生、時には中学生にみられる成長痛ですが、医学的には成長するときになぜ痛みが出るのかはわかっていません。このような痛みに対して、どのように理解して対処すればいいのでしょうか?当院で改善した事例を紹介します。

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

小学生・中学生ぐらいの年代で突然関節の痛みが出てくることがあります。一般的にこの時期の原因不明の痛みは成長痛と表現されます。

 

今回は突然やってきた原因不明成長痛が2回の筋膜リリースで改善した事例(ペインスケールは10→0)について報告します。

 

成長痛のペインスケール

原因不明の成長痛が2回の筋膜リリースで改善(痛みは10から0へ)

 

内容は以下の通りです。

・患者さんについて

・施術と結果

・なぜよくなったのか

・成長痛の治療で注意するべきこと

・おわりに

・参考文献

 

また当院では、

メールお電話

無料相談を受け付けています。

オープンチャットでもご相談頂けます。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南東、平野区生野区の境目、南巽・加美北地区、南巽駅近くにある鍼灸整骨院です。地域で一番おすすめの整骨院、あなたにとっていちばん近くの整骨院を目指しています。

 

患者さんについて

 

A君: 10歳 男児 小学生 

 

 

主訴:右腕の痛み

 

初発の痛みは来院の1日前から。原因不明。その日の夜9:00ごろになんとなく痛みに気付き、翌朝も痛かった。学校生活ではそんなに痛みはない。学校から帰ってきたらまた痛みが出た。時々頭痛を感じることはあるけれども、腕の痛みは初めて。母親と共に来院。

 

施術と結果

 

筋膜リリース2

 

1回目の施術の直後に軽くなった、気持ちよいという肯定的な表現があり、2回目来院時には痛みは0になっていました。

 

成長痛のペインスケール

原因不明の成長痛が2回の筋膜リリースで改善(痛みは10から0へ)

 

なぜよくなったのか

 

発育期の子供は、骨が先に伸びるために、後から伸びる筋肉やその付着部の腱や靭帯に痛みが出やすいとされます。

 

成長痛

成長時期の運動による痛みも成長痛と表現されることがあります。

 

スポーツ障害ではこの時期に激しい運動をするために痛めやすいと一般的には考えられています。この時期の痛みを成長痛と呼びます。

 

 

 

また、この時期に何もしないのに痛みが出ることもあります。子供の膝痛についての報告では、9歳までの子供の膝痛の半数は原因不明でした。これも成長痛と表現されることが多いです。

 

この時期は体だけではなく心も成長過程です。言語化できない自分の思いを痛みとして表現することも十分に考えられます。

 

成長痛

子供の膝痛についての報告では、9歳までの子供の膝痛の半数は原因不明でした。これも成長痛と表現されることが多い

 

今回のA君の痛みも成長痛といえるでしょう。またときどきやってくる頭痛もそうかもしれません。

 

当院の経験上、痛みの原因を追及することはかえって症状に意識を向けさせて、症状を悪化させてしまうこともありますので注意が必要です。

 

今回のA君も、たいした身体的な所見がなかったために、Aくんとお母さんのお話をよく聞き、その痛みが大きな痛みにつながらないこと、すぐによくなることを伝えました。

 

そして、A君自身が納得するように患部の緊張を緩めるような筋膜リリースを行い、1週間後の来院時には痛みは無くなっていました。

 

A君のような、原因がはっきりわからないけれども痛みがあるという、成長痛も当院は得意としています。

 

成長痛の治療で注意するべきこと

 

成長痛の治療で最も重要なことは、

 

①身体的な原因がないことを見極めることと、

②痛みの存在を認めてあげることです。

 

①身体的な原因がないことを見極めること

 

成長痛という病名は基本的に、痛みの原因が医学的にはっきりしない場合に用いられます。

 

ここで注意が必要なのは、本当は重大な病気であるにもかかわらず、その病気の痛みを「成長期」と解釈してしまい、重大な病気を放置してしまうことです。

 

重大な病気が隠れている場合にはそのほとんどが病院の検査ではっきりしますので、成長痛であっても一度は病院を受診した方がよい場合もあります。特にほかの病気が気になる場合は、病気の原因を探すために受診するのではなく、病気の原因がないことを確認するために受診することをお勧めします。

 

②痛みの存在を認めてあげること

 

先ほども触れましたが、この時期のお子さんは体だけではなく心も成長過程です。

 

言語化できない自分の思いを痛みとして表現することも十分に考えられます。

 

自分が感じる痛みは実際に感じているものであり、それを否定されると自分自身を否定されている気分になり、それが本当であることを訴えるために症状はさらに強くなる傾向にあります。

 

こうなってしまっては痛みは一向になくなりません。

 

まずは痛みの存在を認めてあげて本人が納得するように対処してあげることも大切なことです。

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

オープンチャットでもご相談頂けます。

おわりに

 

小川鍼灸整骨院

当院は大阪メトロ千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにある整骨院です。

 

大阪市の平野区生野区南巽界隈で、原因不明の痛み、成長痛にお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

鍼・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法を成長痛の施術に応用していています。

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにある整骨院す。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

※内容につきましては、プライバシーに配慮して、話しの構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを加工しています。

 

参考文献

 

水田 博志:子どもにみられるスポーツ障害とその予防.体力科学, 65 巻 1 号 p. 56,2016.

 

梅原 寿太郎:若年者の膝痛 -NTT東北病院における検討-.東北膝関節研究会会誌,4 巻 p. 29-31,1994 .

 

四国こどもとおとなの医療センター:こどもとおとなの病気の基礎知識〈こども〉 vol.12 成長痛ってどんな痛み? 令和6年1月7日閲覧

 

-その他, 痛みの原因, 筋膜リリース

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.