膝蓋大腿(PF)関節症【膝関節 大阪 平野区 南巽 整骨院】

[階段昇降時に膝が痛い、膝蓋骨のひっかかり感、膝がゴリゴリする]

 

膝蓋大腿(PF)関節症とは 

膝には2つの関節があり、1つは大腿骨と脛骨でつくられる脛骨大腿関節、いわゆる膝関節

 

もう1つは大腿骨と膝蓋骨でつくられる膝蓋大腿(PF)関節があります。

 

膝蓋大腿(PF)関節が機能することで膝蓋骨は膝の曲げ伸ばし運動時、

接している大腿骨との間を滑るように上下に動きます。

 

膝蓋大腿関(PF)節症になると、関節の軟骨がすりへり、

その結果として変形や炎症による痛みが生じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原因

 

変形が起こる原因として主に2つあります。

 

1つは加齢変性による変形性関節症

 

2つ目は繰り返す膝蓋骨の脱臼、亜脱臼によって生じます。

 

加齢変性によって膝蓋骨の軟骨が削れ、その削りカスによって炎症が起きて、

関節部の骨棘(骨のトゲ)、変形が生じます。

 

また、膝蓋骨の脱臼がおこると関節面の噛み合わせが崩れ、一方に圧力がかかり、

軟骨がすり減り、二次的に関節の変形がおこります。

 

症状

 

症状として、膝蓋骨周囲の腫れと痛み膝蓋骨のひっかかり感

膝蓋骨を押すとゴリゴリするなどがあります。

 

また、悪化するとその痛みも強くなり、安静時にも痛みが出現してきます。

 

治療

 

膝蓋大腿関節症の治療は、まずは保存的治療が選択されますが、

効果がない場合には、手術によって症状の改善をはかることもあります。

 

保存療法でとられる内容

生活習慣の改善:姿勢・体重・身体の使い方など

運動療法:膝周囲筋の強化

薬物療法:消炎鎮痛剤の使用

装具療法:膝蓋骨が外側に移動するのを防ぐ

 

おわりに

 

階段昇降時に膝が痛い、膝蓋骨のひっかかり感、膝がゴリゴリする

 

とお悩みの方は

 小川鍼灸整骨院 へご相談ください。

しっかりと診させていただきます。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の平野区生野区にまたがる南巽という地下鉄の駅近くにあります。地域でオススメの整骨院を目指しています。

 

問い合わせはこちら

 

当院は予約制です。

ご予約や症状についてのご相談、お問い合わせは

電話メール

で受け付けております。

 

遠方にお住まいの方には

ZOOMによるカウンセリングもご利用いただけます。

②お近くの提携治療院を紹介することができます

お気軽にご相談ください。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南東、平野区生野区の境目、南巽・加美北地区、南巽駅近くにある鍼灸整骨院です。地域で一番おすすめの整骨院、あなたにとっていちばん近くの整骨院を目指しています。

 

-腰痛, , 膝の痛み

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.