1回の施術で改善した関節痛【うつ 平野区 生野区 南巽 筋膜リリース】

関節痛のイメージ(膝)

関節痛と心療内科の受療歴は関係することがあります。そのような患者さんが1回の施術で改善されました。詳細を説明します。

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

今回は、2ヵ月前に階段の急激な上り下りをしてから、左膝と足関節の痛みが続いていた患者さんが1回の施術で改善した事例について報告させて頂きます。

 

実はこの患者さんはうつ病を経験したことがありました。うつ傾向と痛みの感じやすさは関係するのですね。

 

どこに行ってもよくならない関節痛の患者さんの中には、関節痛うつ傾向が関係してる場合が多くあります。

 

その場合、うまくいくと今回のケースのように1回の施術で改善することがありますので、うつ病の経験がある方で、関節痛をお持ちの方は是非とも参考にしてください。

 

また当院では、

メール

無料相談を受け付けています。

 

お困りの方は気軽にご相談ください。

 

ブログの内容は下の通りです。

 

・患者さんについて

・施術と結果

・なぜよくなったのか

・おわりに

・参考文献

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南東、平野区生野区の境目、南巽・加美北地区、南巽駅近くにある鍼灸整骨院です。地域で一番おすすめの整骨院、日本で一番身近な整骨院を目指しています。

 

患者さんについて

 

Rさん:30歳男性、レストラン店員

主訴:①左膝の痛み ②右足関節の痛み

 

Rさんは2ヵ月前に友達の引っ越しを手伝った際に、階段を上り下りしてから膝と足関節に痛みを感じるとのことでした。

 

けがなどの外傷歴はありません。

 

2ヵ月前よりは痛みは小さくなってきているけど仕事中に動き回っていると痛みを感じると来院されました。

 

Rさんは関節痛の原因について、

 

「はりきって階段の上り下りをしたのが原因かな?普段はあまり運動しないのに、この時の運動は負荷が大きかったのだと思う。運動をほとんどしていなかったのに急に運動をしたので膝や足首に負担がかかったのでは?と思う。放置すると慢性化して姿勢にも影響が出てくると思う」

 

と話してくれました。

 

まずは身体をしっかりとみました。

 

・安静時痛にはじわーっと痛むことがある

・関節の動きの中で痛みを感じる事はない

・動き始めの痛みはない

 

と、上記のように取り立てて異常が見られませんでした。

 

しかし、Rさんはご自身の痛みを普通ではない「異常な状態」と捉えておられます。

 

さらに話をよく聞いていくと、Rさんは過去に心療内科でうつ病の診断を受けたことがあることを話して下さいました。

 

そのことを受けまして私は、身体に異常がなくても痛みを感じる事があることをRさんに次のように伝えました。

 

うつ傾向にある人の考え方の特徴として「破局的思考」という自分の症状を悪い方向に考える傾向が報告されているのですが、Rさんはどうですか?」

 

するとRさんは自分でもその傾向があることを認めました。

 

施術と結果

 

筋膜リリース+認知行動療法的なかかわり

 

施術メニューはこちら↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

問診の時点で、膝関節と足関節には取り立てて悪くなっている部分がないことがわかりましたので、うつ傾向にある人の特徴的な考え方である「破局的思考」を説明して、

 

「今後痛みが慢性化することや姿勢に影響することはないですよ」

 

と私が保証するとRさんは非常に安心されました。

 

そしてRさんは自分の「破局的思考」について、この心理的傾向が膝関節と足関節の感覚を過敏にしている事に納得・安心されました。

 

さらに、過去の外傷や過度の運動が筋膜の癒着を引き起こし、それが膝の痛みや違和感につながる可能性を話し、その解釈に従って筋膜リリースをおすすめしたところ、Rさんが希望されたために筋膜リリースも行ないました。

 

なぜよくなったのか

 

今回の施術は1回で良好な結果が得られました。

 

考えられることは、Rさんがご自分の性格傾向に気づいており、私の説明に納得出来た結果、痛みへの集中(破局的思考)がなくなったということです。

 

Rさんは現在はうつ症状はなく生活を楽しんでおられますが、過去にうつ病の診断を受けたことがありました。

 

整形外科などで検査をしても異常がない症状を訴える患者さんの一部は、仮面うつ病とよばれる、痛みが表面・うつが裏面にある状態にあることが多いのです。

 

Rさんも同じような傾向にあったのではないでしょうか。うつ傾向にある方の特徴である「破局的思考」が痛みに意識を集中させてしまったことが主観的な症状につながったと考えられます。

 

Rさんの場合は、Rさんが納得できる説明と「大丈夫、きっと良くなる」という保証を受けることが出来たためにRさんが症状自体を気にしなくてよくなった、つまり、身体に意識を向けなくて済むようになったことが1回の治療での改善につながったと考えます。

 

また、過去の外傷や過度の運動が筋膜の癒着を引き起こし、それが膝の痛みや違和感につながることがあります。

 

今回、1回の筋膜リリースによって効果が得られたと言うことですので、上記の要因以外に、筋膜の癒着が解放されたことによる効果も考えられます。

 

当院では上記のような効果を良く経験していますが、この効果は認知行動療法的なかかわりと筋膜リリースによる効果です。

 

認知行動療法的なかかわりについて

のブログはこちら↓↓↓

認知行動療法的なかかわり

当院では、患者さんの痛みの背景(文脈)を理解した上で、患者さん自身が納得できる説明を行います。

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

カウンセリング

当院では、ZOOMを用いたリモートカウンセリングも行っています。

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

 

 おわりに

 

小川鍼灸整骨院

当院は大阪メトロ千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにある整骨院です。

 

大阪市の平野区生野区界隈で、原因がわからない痛み、うつ病が関係するかもしれない関節痛でお悩みの方は是非とも小川鍼灸整骨院にご相談下さい。鍼灸・筋膜リリース・整体と同時に認知行動療法の理論を応用してみなさまの痛みを施術します。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の平野区生野区の境目、南巽・加美北地区、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。北巽は一つ手前の駅です。北巽ではなく南巽で下車してくださいね。

 

当院へは平野区生野区以外にも、東住吉区や東成区、八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などからも患者さんが来院されています。

 

内容につきましては、お話しの基本的な構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを個人が特定できないように加工しています。

 

参考文献

 

山岡明奈 他):創造性および抑うつ傾向とマインドワンダリングの特徴との関連.教育心理学研究,67,73-86,2019.

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-筋膜リリース, 膝の痛み, 認知行動療法 マインドフルネス

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.