コロナ後遺症の鍼灸治療【平野区 生野区 南巽 整骨院】

コロナ後遺症のイメージ

コロナ後遺症では倦怠感や疲労感、頭痛、記憶力や集中力が低下します。それらの症状に対して当院は全人的な施術を行います。詳細はブログをご覧ください。

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(コロナ後遺症)でお困りではありませんか?

 

 

コロナ後遺症としてみられる症状は、もともと鍼灸や筋膜リリース(マッサージ)で効果が得られやすい症状です。

 

また欧米でもコロナ後遺症に対する鍼灸の効果が認められています。

 

当院でも積極的にコロナ後遺症に対する鍼灸施術を行っています。

 

もしあなたがコロナ後遺症にお困りでしたらこのブログを参考にしてください。

 

今回は、コロナ後遺症についての情報と、鍼灸施術などの当院で行える施術を紹介させて頂きます。

 

内容は以下の通りです。

 

コロナ後遺症とは

・よく見られる症状

コロナ後遺症の傾向

・患者さんへのお願い

・当院がコロナ後遺症を得意とする理由

・当院にできる施術

・おわりに

・参考文献

 

コロナ後遺症とは

 

 

コロナ後遺症は、コロナウイルスの感染後ウイルス感染は消失し、他に明らかな原因がないにもかかわらず、感染当初から感じる症状が持続している状態をいいます。

 

主な症状は倦怠感,息切れ,味覚障害、思考力や記憶への影響などで、日常生活に影響することもあります。

 

よく見られる症状

 

代表的な症状 は、・疲労感・倦怠感・関節痛・筋肉痛・咳・喀痰・息切れ・胸痛・脱毛・記憶障害・集中力低下・不眠・頭痛・抑うつ・嗅覚障害・味覚障害・動悸・下痢・腹痛・睡眠障害・筋力低下です。

 

最も多い症状の割合は、倦怠感(40%)、息切れ(36%)、嗅覚障害(24%)、不安(22%)、咳(17%)、味覚障害(16%)、抑うつ(15%)ということです。

 

みなさんはいかがでしょうか?

 

コロナ後遺症の傾向

 

大阪府の統計では、令和4年8月のコロナ後遺症の相談件数は3054人でした。

 

その前の月までは200人から1400人の間を行き来していたので、8月以降急増していることになります。

 

これは、第7波の影響と考えられます。

 

また、男女差では6:4で女性の方が多く、全体の9割を50歳以下が占めているということです。

 

発熱者の後遺症相談で最も多い症状は、倦怠感であり、その次に咳、そして3番目に多いのが嗅覚障害でした。

 

皆さんの症状はいかがでしょうか?

 

患者さんへのお願い

 

当院で施術を希望するみなさまにお願いしたいことがあります。

 

それは、コロナ後遺症として一度は医療機関を受診して欲しいということです。

 

 

可能であれば、主治医の先生と連携をとらせて頂ければ施術はより効率的に良い方向に向かうと考えられます。

 

当院では、コロナ後遺症の患者さんの症状に対して、しっかりと施術させて頂きます。

 

必要に応じて紹介状、報告書を作成する準備がありますのでご用命ください。

 

当院がコロナ後遺症を得意とする理由

 

コロナ後遺症は症状の原因が明確になっていないことも多く、西洋医療では画期的な治療は多くありません。

 

そのような現状において「新型コロナウイルス感染症の診療の手引き」には、

 

他の疾患との鑑別をしっかりと行った上で、全人的な治療が必要とされています。

 

全人的な治療とは、単に患者さんの肉体だけを治療するのではなく、患者さんの心理面や社会的背景、患者さん自身の価値観なども全部含めて治療を行うことです。

 

当院ではこれまで、

 

検査をしても異常がないけれども辛い症状をもつ患者さんや、

 

痛みと共に不安を感じる患者さんなど、

 

西洋医学が積極的に治療できない患者さんを施術し、多くの患者さんに喜んで頂いております。

 

当院にできる施術

 

当院では、最も多い症状である倦怠感や息切れ、嗅覚障害、咳や味覚障害に対して鍼施術を行います。その他、鍼灸施術は、頭痛や動悸、腹痛、下痢に対しても効果的です。

 

 

不安、抑うつ、睡眠障害、胸痛、記憶障害、集中力低下に対しては、認知行動療法的なかかわりやマインドフルネス瞑想の指導をおこなうことができます。

 

マインドフルネス瞑想のイメージ

 

その他、関節痛や筋力低下に対しては、筋膜リリース、整体や運動指導を行い、できるだけ早く社会復帰できるように施術致します。

 

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

カウンセリング

当院では、ZOOMを用いたリモートカウンセリングも行っています。

 

おわりに

 

小川鍼灸整骨院

当院は大阪メトロ千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにある整骨院です。

 

大阪市の平野区生野区南巽周辺でどこに行っても良くならないコロナ後遺症でお悩みの方、根本的に治したいけど治らない痛みでお悩みの方は是非とも小川鍼灸整骨院にご相談下さい。

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区生野区の境目にある南巽加美北地区、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。北巽は一つ手前の駅です。北巽ではなく南巽で下車してくださいね。

 

はり筋膜リリース整体や、認知行動療法なかかわりを用いてみなさまの痛みを全人的に施術します。

 

当院へは平野区生野区以外にも、東住吉区や東成区、八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などからも患者さんが来院されています。

 

参考文献

 

中嶋秀人 他):COVID-19 罹患後症状・Long COVID における神経症状.日大医誌,81 (4),197–204 ,2022.

 

新型コロナウイルス感染症診療の手引き,別冊罹患後症状のマネジメント,第1.1版,2022.

 

大阪府ホームページ 新型コロナウイルス感染症の後遺症について

 

James E. Williams and Jacques Moramarco.The Role of Acupuncture for Long COVID: Mechanisms and Models.Medical Acupuncture.Volume: 34 Issue 3, 159-166, 2022.  

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-お知らせ, コロナ後遺症, どこに行っても良くならない痛み

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.