親指の付け根の捻挫【平野区 生野区 南巽 整骨院 スポーツ】

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

親指の付け根の関節はいろんな方向によく動くところですし、スポーツでボールが当たったり、親指が引っかかったりして痛みが出やすいんですよ。

 

また、痛くてもなんとなく使えることが多いので、しっかりと治さないと治りにくいです。

 

今回は親指の付け根の関節である母指MP関節捻挫について解説します。

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の平野区生野区にまたがる加美北・南巽地域でおすすめの整骨院、あなたにいちばん近くの整骨院を目指しています。

 

親指の付け根(母指MP関節)とは?

 

 

母指MP関節は主に屈曲・伸展を行う関節です。

 

母指MP関節の安定性は指で物をはさむ動作において重要な役割を持っています。

 

 

このはさむ機能は親指の付け根の関節がしっかりと固まるからできるのですが、ここをしっかりと固めてくれるのが側副靭帯です。

 

だから親指の付け根捻挫で側副靭帯が損傷すると、はさむ動作ができなくなり、痛みや不安定性を生じます。

 

原因

 

親指の付け根捻挫は球技などで母指が外に向いた状態で手をついたり、スキーのストックなどで強く外に広げられた際に生じます。

 

他のスポーツでも起こりますがスキーで良く起こるため、スキーヤー母指とも呼ばれます。

 

 

症状

 

親指の付け根捻挫の症状としては、損傷部に痛みや圧痛、腫れ、皮下出血、ものがつかめない感覚などが生じます。

 

不全断裂では痛みや腫れ、皮下出血は軽度で、指にストレスを加えても不安感はあまり生じません。

 

一方、完全断裂では痛みや腫れ、皮下出血が著明で不安定感が見られ、ストレスを加えると不安感や痛みが強く生じます

 

親指の付け根捻挫の中でも、断裂した靭帯が中枢へ反転し、内転筋腱膜の表層に乗り上げたものはステナー損傷とばれ、手術適応になります。

 

治療

 

 

軽度の捻挫は基本的に保存療法が選択され、側方動揺性など不安定性が低いものは親指の付け根の関節固定で対応可能です。

 

しかし、不安定性が大きい場合や完全断裂、ステナー損傷がある場合は手術適応となることが多くあります。

 

当院の治療

 

 

当院では状況に合わせて固定を施し、除去後は可動域訓練を行っております。スポーツを行いながら治療できるようにもなんとか考えます。

 

 

また、手の筋肉(特に母指球筋)が萎縮した例では屈曲・伸展・はさみ動作の筋力を向上させる訓練も行っております。

 

 

親指の付け根捻挫スポーツ現場で比較的遭遇する損傷です。この捻挫を軽視すると、後のスポーツ活動にも影響する事もあります。

 

だから、この捻挫の重症度の見極めや状態に合わせた処置が大切になります。

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

 

おわりに

 

 

大阪市の平野区生野区南巽界隈で、スポーツ時の手の痛みにお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにある整骨院す。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺などから来院されています。

 

参考文献

1)坪川 直人:母指MP関節側副靭帯損傷.最新整形外科学大系,15巻A, 8章骨関節外傷,中川書店,p259-267,1999

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-スポーツ障害・外傷, 手の痛み, 骨折・外傷

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.