原因がわからない関節炎【偽痛風 平野区 整骨院】

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。今日は偽痛風が疑われる関節炎で来院されました患者さんについて報告させて頂きます。内容につきましては、基本的な構造が変わらない程度に内容を加工しています。

 

当院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにある鍼灸院・整骨院です。

 

事例

 

70歳男性

2日前より右足の甲が腫れて痛みを感じるようになった。

歩くのが辛く、どんどん痛みが強くなっていくために近くの病院を受診。

 

痛風ではないと言われたが先生の説明がよくわからないとのこと。そのために当院を受診されました。

 

写真ではわかりにくいですが、確かに足の甲が赤く腫れています。

 

 

問診と診立て

 

足をぶつけたとか、大きなケガとか、発熱などの全身性の症状はないとのことです。

 

飲酒の習慣はあります。運動の習慣はありません。今回の事例では何が原因かを考える際には、外傷性か感染症性のものか、それとも代謝異常によるものかを考える必要があります。

 

外傷がなく、スポーツのような過度に使用する環境かにもない。発熱もないとなれば代謝異常ということになりますが、痛風は否定されています。

 

お医者さんの説明がわかりにくいというのは、たぶん偽痛風を説明されたからではないでしょうか?レントゲンは撮っていないと言っていましたが。

 

私は偽痛風の推測の元に、治療を開始しました。基本的には関節炎です。

 

施術

 

当院は整骨院です。だからまずは、患部をしっかりとアイシングしてもらうようにしました。

 

当院では熱感がともなう腫れがある場合、患者さんの承諾のもとにアイシングを徹底して行なうようにしています。

 

 

アイシングを行ない、ローズマリーカンファーのオイルで軽くマッサージするようにしています。

 

 

結果

 

今回の患者さんの経過は非常に長かったです。多くの場合、1週間程度で症状は軽減するのですが、4週間ほどかかりました。痛みは軽くなったり痛い日があったりを繰り返していました。

 

 

考察

 

今回の関節炎は、全身性のモノではなさそうです。外傷もないので消去法的に代謝異常と考えられます。偽痛風が最も可能性が高いのではないでしょうか?それであればレントゲンでピロリン酸カルシウムの陰影などが見えそうなのですが、このところは謎のままです。

 

今回の事例も、やはり炎症を押さえる効果があるとされるローズマリーカンファーのオイルで軽くマッサージしました。

 

感染症は医師によって否定されていますので、医師の診断の元に上記の治療を行なうことは患者さんの主観を満たすためには意味があると思います。

 

このような治療は代替医療である整骨院だからこそできるのだと考えます。

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/?post_type=blog&p=3304&preview=true

 

 

 

おわりに

 

 

 

大阪市の平野区、生野区界隈で関節炎の痛みでお悩みの方は是非とも小川鍼灸整骨院にご相談下さい。当院は大阪市の平野区と生野区の境目、地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにある整骨院です。

 

※内容につきましては、プライバシーに配慮して、話しの構造が変わらない程度に性別や年齢、職業、具体的な社会的背景などを加工しています。

 

 

参考文献

 

 

井上三四郎:急性炎症性関節炎の初期診断と治療方針.整形外科と災害外科65 巻 3 号 p. 616-620,2016.

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-症例紹介, 足の痛み

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.