変形性腰椎症の改善例【平野区 生野区 南巽 整体 筋膜リリース 腰痛】

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

今日は腰痛で来院されました患者さんが、8回の施術で10の痛みが3にまで軽減した事例を紹介致します。なぜよくなったのかについても解説しています。

 

腰痛でお困りの方はどうぞ参考にしてください。

 

 

小川鍼灸整骨院は大阪市の南西、平野区生野区の境目、南巽にあります鍼灸整骨院です。鍼灸・筋膜リリース整体と同時に認知行動療法の理論を応用して治療に用いています。

 

患者さんについて

 

67歳男性Mさん男性 食品加工業勤務、主訴は腰痛です。

 

Mさんは若い頃から水泳をしていて、国体にも出場経験のある選手でした。その後は現在地域の子供たちに水泳を教えていましたが3年前に脳梗塞を患い、その後は指導も行なっておりません。

 

しかし最近、水泳のコーチをして欲しいとお願いされたので引き受けようとした際に腰痛を感じました。この1年間は腰痛に悩まされており、最近は動き始めの痛みが強くなっている。時折、筋肉が引っ張られて立てなくなる、またぎっくり腰になるのではないか?という不安があるとのことでした。

 

整形外科へ行っても湿布と鎮痛剤を出されるだけでそんな治療にうんざりされているところでした。そんなときに当院のホームページをご覧になられて来院されました。

 

 

施術と結果

 

筋膜リリース整体・認知行動療法的なかかわり、運動指導を週に2回、4週間継続して、合計8回の治療を行ないました。

 

 

Mさんの痛みは4回目まで右肩下がりに軽減していき、その後3ぐらいの痛みで下げ止まりました。

 

 

「水泳の指導も昔のようにできそうだ。自分が完璧でないと教える選手に失礼だからね」と、Mさんはいきいきと私に話してくれました。

 

なぜよくなったのか

 

 

Mさんのレントゲン画像では、腰椎の変性はかなりひどい状態でした。問題となっているのは、

 

・変形した関節が動き始めの際に痛みを発してしまう動作開始時痛と、

・反射性に緊張してしまう脊柱起立筋の痛み(いわゆる筋肉の痛み)、

・動作開始時痛と連動している破局的思考と精神交互作用

 

です。

 

腰椎の変性が強く、このせいで動き始めの痛みが出現すると考えられます。

 

Mさんは過去ににぎっくり腰を2度ほど経験しており、起床時の鋭い痛みはどうしてもそのぎっくり腰を連想させるというのです。

 

「またぎっくり腰になるのではないか?」という不安も強いようです。

 

この不安が痛み感覚を敏感にさせていると考えられました。この状態は、痛みと意識の悪循環と表現できます。

 

いわゆる精神交互作用です。最近では、「恐怖回避思考」とか、「破局的思考」と説明されています。Mさんにもその傾向がみられました。

 

 

どこに行ってもよくならない患者さんには精神交互作用がよくみられ、身体的にはもう治っているのに「まだ治っていない」と感じてしまう方が多いようです。

 

今回のMさんの事例は、4回目までに筋膜リリースと整体によって筋肉と関節の痛みを小さくする事に成功しました。更に5回目から運動療法を取り入れて精神交互作用を解消することに成功しました。

 

Mさんは「こんなスクワットや腹筋がまだ出来るなんて思わなかった!やっぱり身体は動かさないとダメですね。こんなに動くのならもっと鍛えておけばよかった」と話してくださいました。

 

脳梗塞を経験した後、Mさんは自分の体力に全く自信をなくしていましたが、

 

今回の腰痛治療をきっかけに自分の身体を信用することを思い出してくれたようです。

 

Mさんのように、自分の身体に自信を取り戻すことで症状がうんと軽減する事例は枚挙にいとまがありません。このような患者さんには筋膜リリース整体などの身体的な治療だけでは改善しないことがあります。ここに認知行動療法的なかかわりを加えることで、治療効果がうんと高まるのです。

 

当院の施術メニューはこちら↓↓↓

http://www.korikori.com/menu/

 

 

 

遠方で来院できない方には、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

http://www.korikori.com/contact/

 

おわりに

 

 

大阪市の平野区生野区界隈でどこに行っても良くならない腰痛でお悩みの方は是非とも小川鍼灸整骨院にご相談下さい。鍼灸・筋膜リリース整体などでみなさまの痛みを施術します。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の平野区生野区の境目にある地下鉄千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにあります。北巽は一つ手前の駅です。北巽ではなく南巽で下車してくださいね。

 

当院へは平野区生野区の他に東住吉区、東成区、天王寺区や、東大阪市の渋川町、寿町、衣摺、柏田、からも患者さんが来院されています。

 

小川鍼灸整骨院は地域でおすすめの整骨院、あなたに一番近くの鍼灸院、整骨院を目指しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小川 貴司(おがわ たかし)

「どこに行ってもよくならない」「自分の症状を何とかしたい」「症状のない以前の生活に戻りたい」とお困りの方、どのような症状でも一度ご相談ください。院長紹介はこちら

-どこに行っても良くならない痛み, 腰痛, 認知行動療法 マインドフルネス

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.