腰痛患者さんの施術について【大阪 平野区 生野区 南巽 認知行動療法 ヘルニア 小川鍼灸整骨院】

どこに行っても良くならなかった腰痛(ヘルニア)の患者さんが当院の施術で改善しました。事例を紹介していますので、腰痛でお困りの方はご参照ください。

 

はじめに

 

小川鍼灸整骨院のブログです。

 

今回は、

数件の治療院で治療を受けたけど良くならないということで当院にたどり着いたMさんの腰痛の施術について報告します。

 

どこに行ってもよくならない腰痛でお困りの方はどうぞご参考になさってください。

 

内容は以下の通りです。

・患者さんについて

・施術と結果

・なぜよくなったのか

・おわりに

・参考文献

 

また当院では、

メールお電話

無料相談を受け付けています。

オープンチャットでもご相談頂けます。

 

小川鍼灸整骨院大阪市の南東、平野区生野区の境目、南巽・加美北地区、南巽駅近くにある鍼灸整骨院です。地域で一番おすすめの整骨院、日本で一番身近な整骨院を目指しています。

 

患者さんについて

 

 

Mさんは32歳の女性で職業は図書館司書です。

 

19歳の時にぎっくり腰を経験してからMさんは、重くだるい腰痛がずっと続き、夜になると痛みが強くなるようなことが長年続いているとのことです。

 

いよいよ痛みが強くなってきたと感じたために3年前に整形外科を受診してMRI検査を受けました。

 

そこで言われたことは、

 

ヘルニアがでていますね。それもかなりひどい。外に飛出で上の骨と下の骨がくっついてしまっている」ということです。

 

 

Mさんはその整形外科で治療を受けましたが楽にならなかったために近くの整体院で診てもらおうと予約の電話をしました。

 

その電話口で自分の症状を説明したところ、

 

「そんなにひどいヘルニアは治療できない」と断られたそうです。

 

Mさんはその時に自分が重症であることを実感したそうです。

(当院への電話予約の際にも同じ説明がされていました。)

 

数件の治療院で治療を受けたけど良くならないということでMさんは当院にたどり着きました。

 

施術と結果

 

Mさんに対しては、まず症状を軽減させるために筋膜リリース整体を行ない、認知行動療法的なかかわりも行いました。

 

 

椎間板や椎間関節の変性による痛みは周辺の筋肉を緊張させて血流障害を起こします。

 

だから、筋膜リリース整体はり治療はいずれも患部の血流を改善してくれて痛みを解消してくれます。

 

Mさんの痛みは1回の施術で驚くほど改善しました。

 

当院の施術メニューはこちら↓

施術メニュー

 

なぜよくなったのか?

 

理由は大きく2つ考えられます。

 

1つ目は、Mさんが思っている程にヘルニアは重症ではなかったために治療が非常に効きやすかったということです。

 

腰椎椎間板ヘルニアの特徴的な症状は下肢に向かって走る神経の根っこが圧迫されることによって起こる、激しい神経痛や筋力低下、知覚の異常です。

 

(④は神経の根っこです。ヘルニアに圧迫されています。)

 

しかしMさんは19歳の時以来、ぎっくり腰は経験しておらず、ヘルニアの特徴的な症状である足のしびれもまだ感じたことがないというのです。

 

このことは、たとえMRIで大きくヘルニアが出ていたとしても、それ自体が症状と関係していない可能性を示します。

 

つまり、Mさんが思っている程にヘルニアは重症ではなかったということです。

 

そして2つ目は、痛みと不安の意識が悪循環していたことです。認知行動療法的なかかわりがこの悪循環を断ち切ってくれました。

 

腰痛が意識の向き方よって大きくなる事はこのブログでも多く取り上げてきました。

↓↓↓

 

またMさんは仕事柄、調べ物をすることが得意ですので、インターネットで自分の症状について多くの情報を集めておられました。

 

 

その結果、自分の腰痛について非常にネガティブなな解釈が出来上がっていました。例えばコルセットなしでは仕事ができないと解釈しておられました。

 

Mさんはこれまでの整形外科医や整体師の反応、その他自分で集めた腰痛の情報から自分の腰痛のイメージ(腰痛観)を非常にネガティブに創り上げてしまったのです。

 

こちらのブログも参考にしてください。

ネット検索の悪影響について【治療法 骨折 顎関節症 うつ 自律神経失調症 線維筋痛症 慢性疲労症候群 コロナ後遺症 パニック障害 小川鍼灸整骨院】

 

そこで、認知行動療法的なかかわりではこれまでにMさんが創り上げてきたネガティブな腰痛観を創り変えていきます。

 

例えば、コルセットななければぎっくり腰になるという思い込みに対して、実際にコルセットを付けなければ本当にぎっくり腰になるのかどうかを検証したりしていきます。

 

また文献的には、「自分は痛みで動けない」と考えている腰痛患者さんに対して運動指導を行い、「腰痛があっても動けるんだ」という気づきを促して腰痛を軽減させていくことが、治療方法として確立しています。

 

つまり腰痛について正しく学習することで、腰痛に対する認知と行動を変容させていくのです。

 

 

当院では、整形外科理論を用いながら、それと同時に認知行動療法的なかかわり行い、心と身体の両方にアプローチする治療を行なっております。

 

このアプローチによって、今まで全く良くならなかった腰痛が軽くなったり、問題として感じなくなる方が沢山いらっしゃいます。

 

お困りの方は是非ともご相談ください。

 

 

遠方で来院できない方は、リモートカウンセリングも行なっています。痛みの経緯や痛みの具合からどのような対処法が必要かについてアドバイス致します。但し、診断行為は行えませんのでご了承下さい。ご希望の方はメールにてご予約ください。

↓↓↓

オープンチャットでもご相談頂けます。

おわりに

 

小川鍼灸整骨院

当院は大阪メトロ千日前線南巽駅①出口から徒歩1分のところにある整骨院です。

 

大阪市の平野区生野区南巽界隈で、どこに行っても良くならない腰痛にお困りの方はどうぞ小川鍼灸整骨院にご相談ください。

 

はり筋膜リリース整体と同時に認知行動療法を施術に応用していています。

 

当院は大阪市の平野区生野区の境目にある加美北地区、地下鉄(大阪メトロ)千日前線南巽駅1番出口から徒歩1分のところにある整骨院す。北巽駅ではなく南巽駅ですのでどうぞお間違えなくご来院ください。

 

当院の患者さんは、平野区生野区、東住吉区、城東区、それに周辺の八尾市、東大阪市渋川町、寿町、衣摺、他府県からも来院されています。

 

参考文献

 

木村慎二他:運動器慢性疼痛に対する認知行動療法理論に基づいた運動促進法.The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine,55 巻 3 号 p. 206-214,2018.

 

-どこに行っても良くならない痛み, ヘルニア, 腰痛

Copyright © 小川鍼灸整骨院 , All Rights Reserved.